憧れの結婚生活を夢見て

今も昔も女性が結婚相手を決めるきっかっけの一つに、いかに経済力を備えているかが大きな要因となります。そのため、年収が高いとされる医師や弁護士はその条件を満たしていると考え、女性から見ると大変人気のある職業です。こう書いてしまうと女性がお金を目的に結婚相手を探しているように勘違いされてしまいそうですが、経済的に苦労するよりは、お金に困らない生活をしたいと誰もが望むものです。実際に、婚活を応援するサイトなどでは「医師限定お見合いパーティー」なるものが大変多く企画され、毎回多くの参加者であふれているようです。こう言った医師との結婚を目指す女性の中には少しでも相手のことを理解したいとの思いから、あるいは、話のきっかけを作ろうとするあまり、医療に対しては素人であるにもかかわらず、プロの医師に対して医療の話題を振る人がいるそうです。落ち着いて考えればその行為がいかに無謀なものかわかりそうなものですが、理解のある女性を演じようと必死になり、舞い上がってしまうのかもしれません。これに対し当の医師たちは、「医療の仕事が大変だと理解してくれるのはありがたいが、病気の細かい部分や治療法に対し少し勉強をした程度の知識をひけらかされてもなんだか面倒に感じてしまう。」といった声が大半を占めるようです。医師も一人の男性ですので、そのような場で仕事の話を振る女性よりも、趣味の話や今興味を持っていることなどを聞かせてもらい、自分の考えと合いそうな魅力的な女性との出会いを探しているのです。いかにも医療の仕事について理解しています的な態度をひけらかすと結婚を焦っているとアピールしているようなもので、かえって逆効果なのかもしれません。
もし、女性が男性に頼らず「一人で生きていく!」と考えるなら、看護師などの高給な仕事に着くことがいいでしょう。看護師の中でも、もらっているお給料に不満がある人は転職をしてさらにいい条件のところに行くそうです。そのため看護師には転職する人が多いです。でも、それでお給料が上がるなら、独身でも十分余裕のある暮らしが出来るのではないかと思います。